FC2ブログ

がんばれ!フォーサーズ!!!

カメラと写真と時々Mac フォーサーズのネタ

フォーサーズ機の光学ファインダーとAFとMFについての話。

 パナソニックの25F1.4(ズミルックス)と同時に8GBのCFを購入して、E-30導入後4ヶ月、やっと本格的なRAW撮りを始めました。これでE-30の真の実力ってヤツが発揮される事でしょう。(実際800万画素でも1200万画素でも、自分の使用方法ではあまり関係ないですし、慎重に撮ればJPEGでも問題ないのですが...。苦笑)画質ってのは、正直、個人の好き嫌いだと思います。最近ISO800のフィルムの粒子の粗さを受け入れられるようになった自分にとって、ダイナミックレンジやノイズなんてどうでも良くなってきました。(広くて少ない方が良いとは思いますが、今のレベルでもOKです。)で、今回はフォーサーズ機(E-30とE-300)の使い勝手の話をしようと思います。
 まずはファインダーですが、E-30とE-300ではのぞいた時の印象は、正直、変わりません。MFしやすいのは、やはりE-30の方ですが、フォーサーズの場合はレンズの明るさとピントリングの感触が自分で納得いくかというのが重要であって、ファインダーが良くても思うようにMF出来ないということがあります。自分の場合は25F1.4は合格で、その他のレンズ(梅の14-45、70-300とパナの14-150)はAFでピント合わせした方が快適だと思います。(この辺は個人差が大きいと思いますが....。)E-300もE-30も「頑張って作ったファインダー」だとは思います。とくにE-30のピントのキレは悪くないと思います。しかし、35銀塩(フルサイズ)と比べると当然、遥かに35銀塩(フルサイズ)のファインダーの方がMFしやすいです。光学ファインダーに関しては、努力しても「フォーサーズとしては見やすくなった」という評価しか得られないんでしょう。1.5倍の光学ファインダーってのも作れない訳ではないとは思いますが、E-3よりもデカくて、重いモノになる事でしょう。残念ですが「実用上問題のないレベル」ってことで、現状のファインダーを受け入れて、妥協するしかないみたいです。(苦笑)
 「光学ファインダーでMFしにくいのなら、ライブビューをつかってMFすれば良いではないか!」という意見があるのは承知してますし、コレによって正確なMFが出来る事も承知しておりますが、個人的には却下です。理由は「自分には合わない!嫌い!」だからです。ライブビューとのつきあい方が上手い人はフォーサーズでもピント合わせで悩む事はないんでしょうが.....。(苦笑)
 そんなこんなで、E-300オンリーのころはMFでのピント合わせを殆ど諦めており、ほぼ100%AFでピントを合わせておりました。被写界深度のこともあって、中央1点でピント合わせした後、カメラをふるという原始的な方法でもスナップではピントを大きく外す事はありませんでしたし、「外したら仕方ない!」と諦めもついたのですが、E-30を導入後はAFの性能が上がったので自分の中でその割り切りがつかない場合が多々あったりして、測距点を選んでいる間に被写体を逃してしまったりする事もシバシバ...。測距点選択の方法としての決定打は未だにない用に感じてはいるのですが、個人的には十字ボタンで行うのが一番解りやすいとは思います。ただE-30の場合はその位置が非常に使い難い所にあるので、何とかならない物かと...。結局E-30でも中央1点でピントを合わせた後カメラをふるという原始的な方法でピントを合わせております。(苦笑)
 単純にピント合わせと言う面からいうと、自分の場合ニコンのNewFM2+50F1.4でMFっていうのが一番正確で早くて楽しいです。本当にフォーサーズ(オリンパス)には頑張ってもらいたいです。(十分すぎるくらい頑張ってるとは思うんですが...。苦笑)
_4069810.jpg
オリンパスE-300 パナソニック14-150




 
 
 
  
スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/05/04(月) 11:54:44|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オリンパスのマイクロフォーサーズ機は発表6/15、発売は7月の第1週ってことについて | ホーム | E-300+パナソニック25F1.4(ズミルックス)で徳川園!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://43e300.blog75.fc2.com/tb.php/80-6532f273
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)