FC2ブログ

がんばれ!フォーサーズ!!!

カメラと写真と時々Mac フォーサーズのネタ

アートフィルターのこと

 オリンパスはこの「アートフィルター」を発表直前まで「新機能」として隠していました。「新機能ってなんだろう!?」って少しワクワクし、「でもオリだしなー。」って少し不安を感じながらも楽しみにしていました。デジタルのダイナミックレンジに不満を持っているので、HDRな画像をカメラ側で作れる機能(あまりワザとらしくない感じで)なら大歓迎だな!とか、もしかしたら動画機能かな!?とか思っていました。
 「アートフィルター」がその「新機能」だと知った時、一瞬「E-30買うのやめようかなー」って思いました。「アートフィルター」がどうのこうのと言っているのではなくて、これを「新機能」としてモードダイヤルを無印にしてまで隠すオリンパス(過剰に期待したお前が馬鹿なのだと言われれば、それまでですが)に無性に腹が立ったので....。もっとさりげなく出来なかったのかと...。
 前も書きましたが、E-30は「普通のカメラ」です。なんのサプライズもありません。だからダメなんじゃなくて、だから良いのだと思います。「アートフィルター」をサプライズみたいに使っているオリンパスには少し閉口しましたが、「アートフィルター」自体は悪い機能ではないと思います。
 フィルムをメインで使っていたころ、「もっと派手に発色するのはないのか!!」とかいって、ベルビアを使ってみたり、「このくすんだ感じが良いんだ!!」とかいってコダクロームを使ってみたりしていました。それがデジダルになってどんな色でも作れるようになると、あの感じをあえて作り出そうとは思わなくなりました。フィルムの発色は決してリアルなものではないからです。つまりあの色を作ると「いじりすぎじゃないの」って個人的(たぶん第三者からみても)に思ってしまって、あの感じを作れなくなってしまったのです。派手めや渋めの発色が好きにもかかわらずです。「別にプロじゃないんだから好きにすれば良いだろ!」とも思いますが、どうも踏み込めないでいました。
 こういう事を考えている人間は少数派だとは思いますが、こういう人間にとって「アートフィルター」は正に好都合な機能なのです。なぜなら「わざとらしさ」の責任をメーカーがおってくれるからですから。だからJPEGでしかとれないっていうのが自分にとっては逆にメリットに思えるのです。
PC257060.jpg
オリンパスE-30 ZD70-300 デイドリーム
スポンサーサイト



テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/29(月) 18:24:26|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<70-300について。 | ホーム | E-30で少し試し撮り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://43e300.blog75.fc2.com/tb.php/6-02e7f311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)