がんばれ!フォーサーズ!!!

カメラと写真と時々Mac フォーサーズのネタ

「元祖フォーサーズ」にとって「全く新しい機能と機構」とは?「E-5後継機」を考える!

2013年秋!(10月!?)に「E-5後継機」が出る!!

 上記は決定事項です。「PENコレクション2013 名古屋」でクドクド社員の方々に質問(クレーム?)した結果得た情報ってコレくらいしかなかったです。後は何となくこーなんじゃないいかなーって感じた事は幾つかありましたが…..。
 
 小川社長が「デジタルカメラマガジン2013 1月号」で語ってしまった
 
 1.小型軽量
 2.全く新しい機能と機構

ってのがハードル上げすぎちゃってて、「いったいどーなっちゃうんだよ!!」って、逆に不安になってしまっています。で、今までオリがやってきた「全く新しい機能と機構」ってのを自分なりに考えてみました。
 
 1.フォーサーズというサイズの撮像素子を選択した。
 2.デジタル専用設計のレンズ交換式カメラシステムである。
 3.撮像素子のゴミ取り機構をつけた。
 4.一眼レフでライブビューに対応した。
 5.アートフィルター
 6.ミラーレス一眼
 7.ファインディテール処理

  まだまだ他にもある気がしますし、自分の勘違いで、他のメーカーの方が早かったのもあるかもしれませんが、コンな感じでしょうか?今、振り返ってみると「オリ結構がんばってるな!」って思います。ただ世間的には全然認められてないっていうか、評価低いっていう感じがします。
 自分でも、「アートフィルター」が「E-30」の新機能だって言われたときに「ふざけんな!!!」って思った事を思い出しました。「アートフィルター」なんて発想としては全然新しくないって思ってましたが、確かにその後の業界の流れを確実に作った気がします。「ファインディテール処理」にしても、ソレ以前に「ローパスレスのデジカメ」ってあったんだけど、今の「ローパスレスの一般化」の流れはオリが作ったよーな気がしてます。自分が全然評価してない「PENのデザイン」とかも結構インパクトあったりしてたりします。

 自分が評価する「全く新しい機能や機構」って、

 1.像面位相差AFとコントラストAFのハイブリットAF
 2.すっごく見えが良いEVF
 3.ミラーレス化
 4.ユニット化(デジタルバック、ホットシューを利用しないファインダー交換機構とか もちろん防塵防滴で!)
 5.マイクロフォーサーズのレンズも使える機構(大きなマイクロフォーサーズ機でも可)
 6.既存レンズの11ピン化
 7.レンズ側にコントロールリング(3コマンドダイヤル化)とファンクションボタンをつける。

とかなんですけど、「アートフィルター」「ファインディテール処理」「PENのデザイン」とかまでハードル下げないとダメな気がしてきました。「元祖フォーサーズ」でオリの技術の「全部のせ」をしようとすると開発費がかかりすぎると思います。

 何度も言ってる事なんですが、個人的には

 「撮像素子」と「画像処理エンジン」を新しくして、「5軸手ぶれ補正」を載せた「E-5」

で全然問題ないんですが、もう後戻りは出来ない。小川社長!そうゆう発言は個人的には大好きです。でも、ソレで世間様からたたかれてきたっていう事実もあるわけじゃないですか!本当に大丈夫なんですか!?(苦笑)
P6031443.jpg
オリンパス E-5 パナソニック 14-150


スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/09(日) 11:32:19|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「元祖フォーサーズ」にとって「全く新しい機能と機構」とは?「E-5後継機」を考える!② | ホーム | 「E-P5」触りました。>>

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
  1. 2013/07/27(土) 02:55:18 |
  2. URL |
  3. 市役所の履歴書 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://43e300.blog75.fc2.com/tb.php/285-31067623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)