がんばれ!フォーサーズ!!!

カメラと写真と時々Mac フォーサーズのネタ

「E-5」の「次」について..「元祖フォーサーズ」、「マイクロフォーサーズ」、「自分」。②

 先週の日曜日(10/24)で、自宅の4台のテレビの「地デジ化」が完了しました。メーカー別の「画質」の違いが知りたくて、全て違うメーカーのものにしました。(ソニー22インチ、シャープ32インチ、東芝32インチ、三菱40インチ)で、その結果ですが、「確かに、違いはあるみたいだけど、みんな奇麗だな。」って感じです。(笑)「美人は三日で飽きる」とはよく言いますが、今では「奇麗」っていう意識もなくなり、普通に使ってます。(苦笑)アナログと比べて良くなったと思ったのは「BSチャンネル」が増えた事。少し気になったのはチャンネルを変えるときの「ラグ」です。一瞬「押し間違えたかな!?」って思ってしまいます。「画質の良さ」よりも「チャンネルチェンジ時のラグ」の方が気になってしまいます。(このラグはどのメーカーでもある。)「家電は壊れるまで使う。壊れても(修理して使えるなら)修理して使う。」をモットーにしている自分にとって、この「ラグ」は少しつらい「仕様」です。「後10年はこのラグにつきあわんといかんのか.....。」って感じです。まーコレにもそのうち慣れるとは思いますが...。(苦笑)
 「デジタル」になって、「アナログ」より、確かに「シャープ」になったとは思います。これは「テレビ」だけではなく、「写真」でも同じ事が言えると思います。その点から言えば、確かに「画質」は上がったと言えるでしょう。でも、個人的には「だから何!?」って感じです。プリントは「四つ切り(フィルムは手焼き)」まで。後はブログにアップするぐらいにしか使わない自分にとっては、「800万画素」でも「オーバースペック」だと感じます。自分は「解像度」よりも「ダイナミックレンジ」の方が大事です。「デジタル」の「ダイナミックレンジ」はマダマダ「ネガ」のソレには及びません。「デジタル」の「ダイナミックレンジ」が「ネガ」並になれば、「デジタル完全移行」も考えますが...当分ソレは無いでしょう。
 「画質」は結局「好き嫌い」でしかないと思います。その点から言うと「E-30」の「画質」よりも「E-300」の「画質」の方が自分は好きだし、「フィルム(35)」の「画質」にも大変満足しています。今後の「デジタル」の「画質」に自分が望むものは、「ダイナミックレンジ」のアップしかありません。(「HDR」って全く違った技術だと思います。素の「撮像素子」の性能アップを希望します!!)「解像度」については「コレからどこまで行くんだろー?」っていう興味はありますが、自分の「写真」にはコレ以上必要は無いと感じてます。(もちろん「解像度アップ」を否定するつもりはありません。)
 10/29に「E-5」が発売になりました。イロイロな作例を見ての感想でしかありませんが、「E-30」の「画質」よりも「スッキリ感」は上がってるように見えます。自分は「E-30」の画質より、「E-5」の「画質」の方が好きです。この「スッキリ感」は、今までの自分の「写真」には無かったモノだし、「E-5」の「画質」の一つの「個性」だと思います。「E-30」を買った時、「確かに奇麗だけど、何の個性もない絵だな..。」と思いました。「800万画素」と比べて「1200万画素」の緻密さというのも感じる事もありませんでしたが、「E-5」の「スッキリ感」は自分の「ダメダメな感性」でもハッキリ認識出来るレベルです。(「フォトフェスタ」の時はプリントが大きすぎたのか?凄く奇麗とかは思わなかったんだけど...?) 
 自分の使用目的としては、「1200万画素」でも「オバースペック」ですが、「ZDレンズ」の「真髄」を知るにはマダマダ「役不足」だと思います。(「ローパスレス」で「1800万画素」とか「2400万画素」とかの「ボディ」があったら、どこまで写るんだろう?っていう興味はあります。) オリは最終的に「マイクロに一本化」したいみたいだけど、個人的には「E-7」と「E-9」までは「元祖フォーサーズ」を継続して欲しいと思っています。(今回の「E-3」から「E-5」みたいな一見地味な変化でもよいので!)
 
 「E-7」への希望スペック

 1.「フォビオン」使用で600×3万画素。
 2.アルゴリズムの改良によるAF速度のアップ。
 3.背面液晶の緻密化。
 4.ファインダースクリーンの改良などで、更にファインダーの見えを改良する。
 5.連射速度 約7コマ/秒



 「E-9」への希望スペック

 1.「フォビオン」使用で800×3万画素。
 2.アルゴリズムの改良によるAF速度のアップ。
 3.背面液晶の緻密化。
 4.ファインダースクリーンの改良などで、更にファインダーの見えを改良する。
 5.連射速度 約9コマ/秒 

 「マイクロ」での付き合いもあるんで、「ライブMOS」を使わない訳にはいかないとは思いますし、また積極的に「使わない!」っていう理由も無いとは思いますが、実質、パナは「元祖フォーサーズ」からは「撤退」してる訳ですから(「GH用の撮像素子」も供給してくれないし!!)、「元祖フォーサーズ」の「フラッグシップ機」に「ライブMOS」を使う必要はないんじゃないかと思います。「元祖フォーサーズ」は「フォビオン」、「マイクロ」は「ライブMOS」っていうんなら「差別化」は出来ると思います。「シグマ」のユーザーともかぶらないと思うんですが...。どーでしょうか?
PA179575.jpg
オリンパス E-30 パナソニック 14-150


スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/31(日) 10:43:47|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「E-5」の「次」について..「元祖フォーサーズ」、「マイクロフォーサーズ」、「自分」。

 先週の日曜日(10/17)、「E-30」に「14-150」をつけて大須でスナップをしました。正直「失敗した!」って思いました。(イロイロな意味で)やっぱり「街中スナップ」には「E-30」は向いてない!(個人差あり)「E-5」のファインダーを知ってしまった後だから、余計にそう思ったのかもしれないけど、AFしても「ピピっていったけど本当に合ってるのかよ!?」と思い。MFしても「合ってますか?」と思いで、撮影には大変苦労しました。殆ど病気だと思うけど「そんなに気にしなくてもシッカリ撮れてるから大丈夫だよ。」って自分に言い聞かせるんだけど最後までダメでした。我ながら重傷だと思います。もー全く「E-30」を道具として信用出来なくなってしまいました。「E-5」を買うための自分への理由付けなのかもしれないけど、もーダメみたいです。「E-300」は「大きなコンデジ(日本語としてヘン!)」って思って使っているので、中心一点でAFしてカメラを振り、構図決定!ピント外したら外したで普通に諦めもつくんですが...。アー!!「E-5」が欲しい!!!!
 一部の「元祖フォーサーズ」ユーザー以外には、全く注目されてない「E-5」。オリも月産3000台って事で、コイツでシェアアップしようなんて気は全く無いみたいです。オリは「元祖フォーサーズ」から撤退はしてません。でも、どー考えても「終わってる」システムです。「一桁機」しか作らない!新しいレンズも出る予定がない!そんなシステムは終わるしかないように思えます。
 たぶん多くの人々が落胆したのは「撮像素子」が「E-30」と同じだったからだと思います。「E-5」に全く期待していなかった自分でも「コレは酷いな...。」と思ったぐらいですから、「E-5」の登場を待ち望んでいた人々がオリに見切りをつけたとしても、おかしくはないと理解は出来ます。でも個人的には安易に「画素数アップ」せず(結果として出来なかっただけかもしれませんが...。)に「ローパスフィルター」に手を加えて、「画質」を向上してきた事については、非常に好感が持てました。レンズの性能を使いきるっていう姿勢は自分にとっては凄く解りやすいし、「元祖フォーサーズの思想」にも合致していると感じました。(「デジタル処理」も含めて「画質」だとは理解しているのですが、何かモヤモヤした思いがあったので!)オリは今後「ローパスレス」の方向に進んでいくのだと思われます。今後が大いに楽しみです。
 「元祖フォーサーズ」が現実として、終わりに向かっていることについて、非常に残念ではあるけれど、個人的には吹っ切れて、何か晴れ晴れとした気持ちになっています。「E-5」はイロイロな意味で「つなぎ」の機種だと思っています。(「ファインディテール処理」は間違いなく「ペン」にも載ってくるでしょう。ソレはソレですばらしい事だとは思います。)「E-7」「E-9」...とつながることで、徐々に完成に向かっていくんだと思っています。(「E-5」で終わってしまっては勿体ない!!)「ZDレンズの真髄が、今ここに。」ってまだまだ「ZDレンズ」の性能は出し切れてないですし、まだ撮れない世界もある!兎に角、まったりとでもいいから続けて欲しいです。 PA179475.jpg
オリンパス E-30 パナソニック 14-150

 
 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/24(日) 10:38:41|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「E-5」について思う事 ⑤

 「銀塩時代」は「フラッグシップ機(人気のない中古品ですが...。)」が好きでした。「大きい」「重い」を許容出来れば、すばらしい「ファインダー」や確実に動作するメカが手に入り、非常に楽に写真が撮れるからです。でも「デジタル時代」になってから、自分の中では「フラッグシップ機」って急速に輝きを失って「デジイチ」にフラッグシップなんていらねーじゃん!って思うようになりました。理由は簡単で、後から出た「入門機」に「画質」で負けるからです。「画質」になんて興味がないって言っておきながら、矛盾してるように思えるでしょうが、そーゆうのって単純に悔しいんです。(笑)「入門機」を買って壊れるまで(飽きるまで)使って買い替えるってのが「デジイチ」の正しい買い方なのではないかと最近は思うようになりました。(「撮像素子交換式」が出れば話は変わってきますが...。)

 じゃー何で「E-5」が欲しいのか!
  
 1.今後「元祖フォーサーズ」のボディは「一桁機」しか作られない。
 2.「E-5」の「次」が出る保証がない。
 3.2時間触りまくった結果「一眼レフ」として「マトモ」だと思った。
  
今後、買い替えるための「入門機」は「元祖フォーサーズ」では作られる事はありません。寺田さんが言ってましたが「ペンでは未だ補えない部分があるんで」って言う理由で「E-5」は開発された訳で、「マイクロ」が進化して(ソレはソレで良いとは思うんですが...。)あらゆる面で「元祖フォーサーズ」を追い抜いてしまえば、(オリが追い抜いたと判断したら)「E-7」は作られる事はないでしょう。(その可能性は高いと思う。)乱暴な言い方ですが、兎に角、「元祖フォーサーズ」の「新型」が欲しいなら、「E-5」を買うしかないんです。(苦笑)
 そういう切羽詰まった状況だから、「E-5」を2時間も触りまくったのでした。(自分にとっては「最後のデジイチ」になるかもしれないんで...。)結果、「E-5」は「普通のAF一眼レフ」でした。AFが迷ったらMFでピントが合わせられます。(笑)「E-3」ユーザーや他社ユーザーは「当たり前じゃん!!」って言うかもしれないけど(俺は「三桁機」でバッチリMF出来るけど!っていう人がいる事も承知しております。)、これは自分にとってはショックな出来事でした。「E-30」と比べても圧倒的に「ファインダー」が良いんです。自分が「EVF」の「元祖フォーサーズ」機が欲しかったのは、「どーせMF出来ないんなら将来性からいっっても、サッサとEVF化した方がマシ」って思っていたからです。しかし、「E-5」の「ファインダー」を覗いてみて、コレはコレでアリだよなって思いました。(もう「元祖フォーサーズ」に「将来性」なんて無いですし...。苦笑)「大きくて」「重い」ってよく言われる「E-3(E-5)」ですが、握ってしまえば、まったく「E-30」とかわりません。むしろグリップの形が良いからなのか「E-5」の方が軽く感じられるくらいです。(個人差あり)当たり前ですが、大きめのレンズを付けたときのバランスも「E-5」の方が上です。
 我慢して「E-30」を使う理由が見つけられないくらい「E-5」はマトモなカメラです。サッサと「E-30」を下取りに出して、「E-5」に買い替えたいのですが...。コレが唯一のネックかもしれません。
P9188842.jpg
オリンパス E-30 パナソニック 25F1.4

 

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/17(日) 09:32:03|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「E-5」について思う事 ④

 PA029099.jpg
 オリンパス E-30 パナソニック 14-150 ISO640で撮ったのでモヤーっとしてるなー...。 

 今日(10/2)、「フォトフェスタ(名古屋)」に行って「E-5」を触りまくってきました。(2時間くらい...。ごめんね。)「画質」については、正直「そんなに良くなってるのかなー?」って感じだった。(この辺は使い込んでみないと解んないんじゃないかな?)確かに奇麗だけど、「ペン」と比べてムチャクチャ奇麗!!だとか、岩合さんが言ってたような「オグロジカの“目のやり場”までもが写った」っていう凄みを自分は感じる事が出来ませんでした。(凄く奇麗なんだけど、自然でインパクトない!フォビオンみたいな解りやすさはない!ショボイってことではないんだけど...自然に奇麗って感じ。)「ファインディテール処理」ってガチガチにシャープって訳ではなくて、ローパスの効果を弱めて、「偽色」や「モアレ」を「画像処理エンジン」で消しただけなんで、素のZDレンズの解像感が出てるってだけみたいです。解りにくい!解りにくいぞ!オリ!!(個人的には好印象なんだけど...。)
 まーもともと「画質」に関しては、どーでも良い(300万画素だろーが!2400万画素だろーが!)と思っています。っていうか「デジイチ」で汚い「画質」のものなんてないと思っています。「奇麗」の程度の差があるだけだと...。その点から言って「E-300」や「E-30」が「E-5」より劣ってるとは思ってません。だから、「画質が良いから」という理由で「E-5」を入れる必要はないと思っています。じゃー2時間もかけて何をしてたかというと、ひたすらファインダー覗いて、MFしてました。「一眼レフ」として正しいかどうか!?まともにピントが合わせられるか?(ポンコツな自分の目で!)結果は「多分出来ると思う!」です。(これもパソコンに取り込んでしっかりチェックしてみないと解りませんが...。)自分が未だに「20年前のAF一眼レフ」を使ってるのは、AF性能はソコソコでもMFでピントがバッチリ合わせられるからです。そういう点からいえば、自分にとって「E-300」も「E-30」も「一眼レフ」として正しくはありませんでした。「E-5」は道具として、「一眼レフ」として正しいと思います。
 「E-5」を2時間触り倒した今の気持ちは、「E-5」を買って、早く試したい!!!です。でもファインダー(E-3と全く一緒ではないとのこと。少し変更して、くっきり見えるようにしたって言ってました。)だけに20万払う余裕は今の自分にはありません!(車とテレビ買わんといかんので!)かっ悲しいです!!

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/10/02(土) 23:14:08|
  2. フォーサーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0